野球選手に一番多いケガは腰痛です。


特に冬場のトレーニング期には腰に違和感のある選手が多くなります。


この腰痛には原因があります。

腰痛原因



野球選手の腰痛の原因は姿勢です。


チームにこんな姿勢の選手がいないでしょうか?
2種類悪い姿勢


野球は体を捻る回旋動作が多いスポーツです。
悪い姿勢で回旋動作を繰り返すことで、同じ部位に負担がかかり続けます。




なぜこの悪い姿勢になってしまうのか?

一番の原因はウエイトトレーニングだと思います。
スクワット

デッドリフト


ウエイトトレーニングで体幹を使えず、無理に重量を上げようとするあまり姿勢が悪くなります。


正直このウエイトトレーニングは野球の動きを悪くするのでオススメできません。




ただチームのトレーニングメニューを変えることは難しいと思います。



重要なのは「悪い姿勢の原因を知り、その形に固まらないようにする」ことです。


骨盤前傾

胸椎後弯




どちらのパターンでも股関節、胸椎の動きが悪くなっており、体幹の力が抜けています。







腰痛を予防するためには姿勢を戻す必要があります。

次回は、悪い姿勢に固まらないようにするための
・ストレッチ法
・筋トレ法

を紹介します。